受験勉強を終えて

                         関西大学(情)S.D君

 受験勉強で重要だと思ったことは幾つかあります。
 一つは大学のオープンキャンパスに行ったり、資料を調べたりして、早い段階から志望
校を決めることが重要と思います。その理由は、受験科目を早めに決める事ができるから
です。僕の場合、最終的に志望校を決めたのが夏休みを終わる頃だったのですが、しかも、
受験科目が理系から文系と変わり、夏休みに勉強した科目が受験に必要ではなくなってし
まい、すこし遠まわりする結果になりました。
 また、志望校を早く決める事は勉強に向かうやる気も上がってくると思います。
 二つ目はなるべく早いうちから受験勉強を始めることです。僕が本格的に受験勉強を始
めたのは6月頃で、夏休みは主に英語をやっていました。英語はどんな学部を受けるにし
ても受験科目であることと、センター試験でも配点が高く、一番重要な科目だと思ってい
たからです。
 また、英語はすぐに成績に結び付く科目ではないので、早く始めていて良かったと思っ
ています。僕が英語を勉強する上でやっていたことは、英文法、英単語、長文の三つを最
初から並行してやっていました。長文は慣れなので、とにかく沢山の文を読むことで、解
からない単語があってもある程度文が読めるようになっていきました。単語は沢山覚えて
も損はないので、時間の合間に覚えたら良いと思います。
 数学は僕自身基礎が完璧ではなかったので、基礎問の参考書を繰り返しやっていました。
 応用問題には余り時間をかけませんでした。数学は沢山の参考書をやるより、自分の気
に入った参考書を繰り返しやった方が良いと思います。
 三つ目は勉強をする環境です。一人でしっかり勉強できる人はいいのですが、僕は一人
だとすぐにだらけてしまうので、塾の自習室で友達と一緒に勉強しました。
 問題を出し合ったり、話をしたりでたまにだらけることもあったけれど、一日十時間近
い勉強もそんなに辛くはありませんでした。僕は学校や塾で友達と勉強することがほとん
どで家では正直あまりしていませんでした。
 僕にとっては友達との勉強が励みになっていたと感じています。受験勉強の期間は長い
ので無理せず自分のペースでやればいいと思います。
 僕は11月の模試ではD判定だったし、理系にいたので志望学部を決めた段階で受験科
目になった国語の偏差値は30代でした。でも、必死になっての勉強で志望校の傾向に慣
れればD判定でも合格することができました。
 塾の先生方や塾長には本当に感謝しています。授業後も遅くまで質問に答えて下さった
先生や、夜遅くまで勉強できる環境を整えて下さった塾長のおかげで第一志望に合格する
ことができました。本当にありがとうございました。

 

秀学館
近江今津進学教室

  高島市今津町住吉2-5-1
   TEL 0740-22-6650

 

2017年12月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031