2019年 8月

     第305回
                               令和 元年9月1日
 秀学館 近江今津進学教室だより

酷暑の夏がやっと終わろうとしています。日本の自然は過酷です。
教室も熱い夏期講習会が終わりました。受験生には基礎学力養成の夏から、今後はそれを礎とした応用力に力点をおいて頑張って欲しいと思います。部活を終えての2学期「夕食までの一コマが合否を分ける」を忘れず実行して下さい。

連絡事項
1,9月の祝日について。
16日(月)の敬老の日と
23日(月)の秋分の日は休みとさせて頂きます。
  
2、9月クラス授業の日程について
中1、中2のクラス授業は定期テスト前に組み入れます。 
中3、今月より「受験対策」としてクラス授業を行っていきます。 

中3 受験対策:14日と28日 PM3:30~5:25
高1英語  :   7日  PM5:30~
高1数学  :  21日  PM5:30~
高2英語  :  21日  PM7:30~
高2数学  :   7日  PM7:30~
高3英語  :   7日  PM1:30~
〃      21日  PM1:30~
3、高校3年生へ
  二学期早々には指定校推薦や公募推薦、センター試験の願書など受験の準備に入っていきます。もし何らかの悩む点や解らないことがありましたら、気楽に申し出てください。模擬面談も行います。

4、中学3年生へ
 夏期講習受講生でテキストが全て終了していない塾生は9月も引き続き受講
して9月中には終えるように努めて下さい。
また、中3生は部活も終りましたので、早い時間から(学校終了後)塾で
の勉強に切り換え受験勉強のリズムとして下さい。

また、今月より「受験対策」としてのクラス授業を行っていきます。
理科、社会を中心に苦手分野にしぼった対策としていきますので、中3生
は参加して下さい。
  

「読書とスマホ」
 本離れが言われて久しく、読書の秋。もはや死語になった言葉かもしれません。今や本がスマホに取って代わった感があります。ある雑誌で読書が明(めい)ならスマホは暗(あん)と考えられると指摘されている内容の文がありましたので紹介します。
東北大学、川島隆太 教授の研究から
「読書習慣を持っている子は持っていない子に比べ学力が明らかに高く、脳の発達にも違いがあること。読書によって語彙を蓄えることから創造力と集中力を高める。とありました。一方、スマホやタブレットの利用が1日1時間未満、もしくは使わない子は特に影響はないが、1時間以上になると利用時間に比例して学力に負の影響を与えるとの研究結果が掲載されていました。
大学生を対象にした実験で、スマホの使い過ぎは明らかに脳の発達を阻害し、学力を含めてすべての能力がうまく発現できない状態に陥り、いくら勉強しても、睡眠を十分とっても成績が上がらない。
読書とは反対にスマホの使い過ぎは集中力を阻害すると指摘されています。」

中学、高校生の必需品となったスマホ。便利なものではありますが使い過ぎは君にとって害となります。ましてやスマホを横に置いてのながら勉強は集中力を欠き、内容が頭に入りません。絶対止めるべき。
この秋、スマホの利用は1時間以内として、読書習慣を作ってほしいと思います。

秀学館
近江今津進学教室

  高島市今津町住吉2-5-1
   TEL 0740-22-6650

 

2019年8月
« 7月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031